匿名オーナーの野球つくブログ

匿名オーナー率いるチーム匿名希望のペナントレ-スはいよいよ新天地へ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

08 « 2017-09 « 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

匿名オーナー

管理人  [ 匿名オーナー ]

ワールド:ロビンソン
オーナー名:匿名オーナー
チーム名:匿名希望
ビギナーから頂点まで、
一通りペナントレースの
模様をお送りすることができました。

何か得るものがありましたら、
ブログランキングへのクリックを
よろしくお願いします。

やきゅつく・攻略ブログ

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-05-08       いくつかの質問、お答えします(その2)

http://to9mei.blog134.fc2.com/blog-entry-345.html

の記事を受けてからのお便りです。


・これ、うちのオーダーとまったく同じですね。(「ロビンソン」のチームのオーナーより)

自分はチームの活動を終了ということでメインチームを消去してから、ロビンソンよりさらに遅れてプレミアが始まる
ワールド(いわゆる3鯖)に適当なチームを作り、そこで強豪と目されるプレミア進出チームのスタメン情報を漁っていました。
(同じロビンソンで情報探ってる暇があったらあと1ペナプレミアを責任もって真面目にやれよ、という話になりますからね)
違うワールドで、プレミア上位/優勝チームにまったく同じオーダーのチームがいる、これがまた一つ理想のオーダーが
いくつかに収束するもう根拠になると思うと同時に、強豪である以外ワールドもなにも接点がないだろう2チームが
まったく同じオーダーを組む偶然に驚くばかり…なのは元記事で伝えたとおりです。


コメントを頂いたオーナーの名誉のためというわけではありませんが、まったく同じオーダーでありながらその上に配置する
4つのチームカラーはかなり毛色の違う、しかしながら合理的な組み合わせになっています。
(スキルの貼り方も選んだチームカラーを見越したものになっていることは最前線を離れてかなり立つ自分でも
容易に想像がつきますし、そこで膝を打つわけです)
その独創性と強さを両立できるところが、ただ真っ直ぐ強いチームを作るだけの自分から見るとうらやましいといいますか、
活動中直接伝えることこそありませんでしたが敬愛するオーナーであったことをこの場を借りて申し上げる次第です。



・まさに理論通りといえる「いわば最強チーム」をやっつけにこのワールドに乗り込みましょうよ!

これは…現実的に難しいです。
まず現状でオーナーが立ち向かえる環境をいまだ取り戻していないというのが一つ、
もう一つは程なくして大型アップデートがきて選手の能力も大きく入れ替わり、各オーナーが勝つために、
または自分の満足を満たすためにまた新環境に適応していく、そういう流れがほぼ間違いからです。
自分が最強を目指すためにやっつけに行くとしたら「明日の、未来の最強チーム」ということになると思います。
その前に「新しい環境に慣れる」ということになるでしょうね。だってレア小坂も大道も村松も志田もいないんだよね?(苦笑)



・別に強いチームを目指さなくても好きな選手や個性的な選手を生かす遊び方をされてはいかがですか?

あとがきの最後に改めて書くかもしれませんが、今はプレミアで強豪チームの情報を漁ったその延長で
無課金の単独チームでのんびり遊んでいるところです。
選手と課金の限りを尽くしたオーナーが選手をめくりっこするところまで戻って遊ぶのは
( http://ameblo.jp/hyaluronic-acid/entry-10761378513.html のQ.6参照)
新鮮というか、どちらかというと気楽さを満喫しているところです。
これなら1日くらいログインできなくてもゲームになりますし、1日でボロクソに負けても仕方ないよね、と精神的に深い傷も負わないので…
(プレミアでこれが出たら憤死ものというような1日が、今のチームでは3~4日に1回は起こります)

好きな選手、好きなチームといいますと自分はノンポリシーといいますか、逆にこのゲームを通して選手を知ったり
そこから注目し始めて魅力がわかったなんて選手もいますので、プロ野球を楽しむもう一つの車輪としてこのゲームは
いい教材だったりやっぱり面白い、または手放せないと思います。
ただ、いつかもっと勝ちたいなんて欲が頭をもたげてくるかもしれません。それが一線を越えたとき、勝利に邁進する
チーム匿名希望(チーム名は違うかもしれません)がまたどこかのワールドに現れるのかもしれません。

なお、茶化したり評価を低く語った選手が特定チームに偏ったのは完全に偶然です。むしろほとんどのコスト域で
一握りの選手以外はそうされても仕方ないレベルであるというのが現実でして、このあたりは誤解なきよう
くれぐれもよろしくお願いします。また、誤解するオーナーでもないことを信じております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://to9mei.blog134.fc2.com/tb.php/346-77b3f405

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。