匿名オーナーの野球つくブログ

匿名オーナー率いるチーム匿名希望のペナントレ-スはいよいよ新天地へ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

08 « 2017-09 « 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

匿名オーナー

管理人  [ 匿名オーナー ]

ワールド:ロビンソン
オーナー名:匿名オーナー
チーム名:匿名希望
ビギナーから頂点まで、
一通りペナントレースの
模様をお送りすることができました。

何か得るものがありましたら、
ブログランキングへのクリックを
よろしくお願いします。

やきゅつく・攻略ブログ

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-04-26       プレミアその時、野手オーダー決定編(その1:大前提編)

いざゲームをやめまして改めて各プレミアの記事を通しで見直してみると、
記事中投手陣が守りがと不平不満をこぼしながらも、いつも得点力は最終的に優勝V逸にかかわらず
毎回リーグでほぼトップの成績を残しているということに気づきました。
サポートカードも先発投手の調子が最優先でもっとも目をかけなかったのが野手陣であるにもかかわらず、
なぜ毎シーズンリーグ一二を争う得点力を維持できたのか、そのあたりを過去を振り返ったり、
もしも第31サイクル3ペナプレミアオーダーを作るならどうなっていたかということをあわせて考えながら考察することにします。


じゃあ野手オーダー決定編はあるけど投手オーダー決定編はないのか、と聞かれたならば「ない」というのが結論です。
プレミアに限っていいますと、総コスト的にほぼすべての選手が使える状態であることから、特に先発投手に関しては
シーズン開幕から最高級の投手を5人そろえなければなりません。これができてないチームというのは、
すなわちペナントの上位を争うチームになり得ないということです。
☆8先発で斉藤和巳の供給が止まった今、☆8でプレミアを長く任せられる先発はほぼ皆無、かろうじて
レジェンドの槇原が使えるかくらいだと思います。つまり、レジェンド先発を含めて☆9以上の先発が5人ほしい、
調子や成績等で交代する要素があれば同じコストでさらにもう何人かほしいというのが理想です。
レジェンドを含めても☆9以上の先発、これだけで選択肢は大幅に限られるのが分かるかと思います。

そして打線に多少の穴があってもなんとかなりますが、投手陣、特に先発に穴があるのはプレミアでは致命的です。
ですから、とにかくまず先発を含む投手陣から優先してコストを割り振ってきます。
プレミアが始まる前に野手オーダーだけを予告して締めている記事がこのブログでは何度かありますが、
その時点ではもう裏で投手オーダーはすべて決まっていて、さらに野手オーダーを決めた上での記事アップというわけです。

もしも、自分が今度のプレミアに臨んでいたとしたならば、まず調子が3ペナ期間で好調の山にさしかかる平松と涌井が確定、
次がダルビッシュと前田、そして5つめの椅子が田中か岩隈と考えておりました。
この5人で使うコストは47~48(レジェンド枠1つ含む)です。

次に、SUと抑えを考えましょう。多くのチームがプレミアで発動させている技巧派投手陣と精密投球術、
これを自分も使うつもりですが、先発とあわせて発動させるには、コストが最低でも12必要です。具体的にいえば
G山口、建山、石井弘寿のうち2人を用意しろということです。ここでコストを合計12使います。

先発投手は最高級の投手を、SU抑えはG山口、建山、石井弘寿のうち2人といったあたりはほとんど紛れの余地はなく
抑えにもう少しコストをかけたり留学大成功投手を持ってきたりなどありますが基本的にはほぼ半自動的に決まります。
大部分のオーナーがこのような投手陣でプレミアを開始するはずです。
これが投手オーダー決定編は「ない」の真意です。悩む分かれ道がないわけです。

さらに続けます。中継ぎ、そして野手の控えに関しては初日から☆2以上の選手を割り当てる余裕はありません。
中継ぎは4人でコスト4、野手控えは5人でコスト5を使います。

ここで野手オーダー以外の大枠が決まりました。野手オーダーに使えるコストを計算していくと
141(プレミアの初日初期値)+1(スクラッチ分を使えるなら)-47(開幕ローテをダルビッシュ、前田、岩隈、涌井、平松とした場合)
-12(G山口、建山、石井弘寿のうち2人)-9(中継ぎ4人と野手控え5人)=74、このようになります。
この74というコストの範囲内であと9人の野手オーダーを決めていくことになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://to9mei.blog134.fc2.com/tb.php/333-3c6bc547

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。