匿名オーナーの野球つくブログ

匿名オーナー率いるチーム匿名希望のペナントレ-スはいよいよ新天地へ [NewEntry] [Admin]

カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

匿名オーナー

管理人  [ 匿名オーナー ]

ワールド:ロビンソン
オーナー名:匿名オーナー
チーム名:匿名希望
ビギナーから頂点まで、
一通りペナントレースの
模様をお送りすることができました。

何か得るものがありましたら、
ブログランキングへのクリックを
よろしくお願いします。

やきゅつく・攻略ブログ

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-12-23       長い旅の終わりに

長い間忘れていた、最終回です。

2011-0418-220415.png

2011-0418-220438.png

2011-0418-220508.png


2011-0418-220612.png

2011-0418-220632.png

2011-0418-220650.png

2011-0418-220703.png

2011-0418-220719.png

2011-0418-220753.png


2011-0418-220809.png

2011-0418-220822.png

2011-0418-220833.png


2011-0418-220857.png

2011-0418-220911.png

Total.png
スポンサーサイト

        2011-07-21       業務連絡:ブログと新チームの活動について

このブログの中でも、また他のところでも情報を少しずつ流していることもありまして、
新しい活動先の方でメールなど連絡、挨拶が届いています。
中でも見られるのは「ブログは続けないのですか?」という質問なのですが、現状では、


・「チーム匿名希望のロビンソン鯖の活動に関するブログ(ここ)」についてはほぼ終了です。
新しい活動に関するブログを作る場合はまた別個のものを独立して作るつもりです。

・しかし申し訳ありませんが現時点で新チームの活動について今までのペースでブログを書くかといえば後ろ向きです。
余裕があれば書きたいときに書きたいことを垂れ流すいう形で新しくブログを作る可能性は考えています。
(毎日細かい活動記録を残す気力はないので、気楽な日記帳、またはチラシの裏みたいなもの)

・持病が悪化した場合ゲームのペースを緩める、またはゲーム自体を早期に止める可能性があります。
ペースを緩めながらゲームを続けられるか、またどれくらい勝てるのかが新しい場の活動での一つのテーマに
なるかもしれません。

・課金は残していたチームの遺産が想像以上に潤沢だったのでその面では当座大丈夫そうです。
というか残されていたYCを始め見てびっくりした


メールを下さった方のほとんどが「このブログを見て~」という書き出しでしたので、
ここに記事にすることで皆様の返事に代えさせてください。ご理解頂ければ幸いです。

        2011-07-11       あのオーナーは今(匿名オーナー編)

ブログもコメントで寄せられた質問に答えたのを最後に2ヶ月あまりが経過してしまいました。
本当は直後にロビンソンでの通算成績を貼りだして最終回、とするつもりだったのですが、
いかんせんこのチームの重圧から逃れられるとブログも…というわけで、ここまで約2ヶ月放置に至る次第です。
コメントなどで期待された内容に応えられてないものもいくつか残されています。

ただブログを確認してみますと、この2ヶ月の間にも更新の確認か一定数のアクセスがありまして、それを見ると
さすがにこのままフェードアウトもなんでして、まずここで少し現況に触れたり、いずれこのブログはこれにて更新終了、
という形をしっかり作りたいと思います。


以前、「プレミアで強豪チームの情報を漁ったその延長で無課金の単独チームでのんびり遊んでいる」と書きましたが
http://to9mei.blog134.fc2.com/blog-entry-346.html 参照
そのワールドでもう少し遊んでいました。ホームラン競争でなんとか160本を達成したり、こんなところにも顔を出しています。


マエケンのおかげで決勝トーナメントへ(1試合で)進出、マエケンのおかげで1回戦突破

2011-0708-220802a.png


劇的にー(この表現を伴うスキルが課金要素によってばらまかれないことを祈ってやみません)

2011-0713-200937.png


プレミア戦線も調べましたが、ロビンソンで活動していた当時のここの記事では「評価が低い」と言い切ったH川が
かなりのチームで使われていたり、一つのワールドの活動だけでは井の中の蛙といえば言い過ぎでしょうが、
知識や視野の広さにも限界があることを痛感しました。
そのワールドでは全体として梨田監督寄りで、スモールベースボール志向が強いゆえの川人気かなと思います。
(自分はプレミアの全部、そして多くの2ペナで西村監督しか使ったことがありません)


あと面白い情報として、当時のゲームへの課金額がほぼ3万円/月であることも別の角度から証明されました。
ソースは自分の預金通帳です(苦笑)。
さすがに見せるわけにはいきませんが、ゲームをやめてから預金額の増え方が3万ずつ上乗せされているので、
特に大きな買い物もなく、他の生活はほとんど変わっていないそれってつまり逆算すると…なわけです。


そして、「いつかもっと勝ちたいなんて欲が頭をもたげてくるかもしれません。」なんて書き込みをしましたが、
そろそろ現実になるかもしれません。
正直勝ちたいというより先に、現実のプロ野球の成績が大きく偏った結果、ゲームバランスが大変動を起こしそうな
この数少ないチャンス(?)を外部の野次馬ではなく参加者として楽しみたい、
その裏ではやっぱりアップデートのこの時期は高コスト枠を狙って増やせる大きなチャンスだよねという打算もありまして…

本当は情報をきちんと収集し、活動再開に最適な日はいつか綿密に計画を練っていましたが、
体調の面から一回自重しようかなと躊躇したため、結局計画日から遅れた段階で見切り発車で準備を始めています。
メインチームは匿名オーナー/匿名希望でないチームの使用を考えています(使うとすればオーナーランクを生かした
サブです)が、本命のチームはまだアカウントもチーム名も決めていません。
チーム匿名希望や真のメインチームを同じワールドで見つけても生暖かく見守ってください。


勝つ方面については今回のブログを通して一定の目処といいますか、指針が作れたと自負する部分もありますので、
今度参加する際には体にも懐にもいかに負担をかけず長くやっていけるかという方がメインテーマにしたいと考えています。
http://to9mei.blog134.fc2.com/blog-entry-338.html の後半参照
月3万でこれだけ勝てることは証明できた!次はどれだけ楽して勝てるか証明したい!といったら大げさでしょうか。
課金面では自分の活動を通して一つの目安は見つかったので、次は強豪が一日にどれくらいの「時間」をかけるか
知りたいですね。もっとも、こちらの事情は各オーナーとの生活と直結しているので「いい話を聞いた、じゃそれを真似よう!」
と簡単にはいかないのですが(苦笑)
ただ、こういうノウハウを少しでも明らかにすることでこれから新しく頂点を目指して入ってくるオーナーの助けになれば、
という姿勢は変わらないつもりです。


近い将来に別のワールドでこのゲームに参戦し、(申し訳ありませんがそこはロビンソンではありません)
このブログはロビンソンでの活動を記したブログという形で締めて閉じることになると思います。
あとはここでの活動の記録、成績の貼りだしや思い出の試合を振り返る記事を用意する予定です。


「どれだけ楽して勝てるか!」というか、チームの成績と、かけた課金やサブチーム、労力を家計簿のように表すことができたら、
それはもう一つ新しいブログを作る大きな動機になるかも知れません。
いまだ不安のある自分の体調いかんでは3ヶ月単位で早期撤退も考えている現状ではあくまで過大な期待は禁物ですが…

とりとめのない話ですが、今思うところは以上です。

        2011-05-08       いくつかの質問、お答えします(その2)

http://to9mei.blog134.fc2.com/blog-entry-345.html

の記事を受けてからのお便りです。


・これ、うちのオーダーとまったく同じですね。(「ロビンソン」のチームのオーナーより)

自分はチームの活動を終了ということでメインチームを消去してから、ロビンソンよりさらに遅れてプレミアが始まる
ワールド(いわゆる3鯖)に適当なチームを作り、そこで強豪と目されるプレミア進出チームのスタメン情報を漁っていました。
(同じロビンソンで情報探ってる暇があったらあと1ペナプレミアを責任もって真面目にやれよ、という話になりますからね)
違うワールドで、プレミア上位/優勝チームにまったく同じオーダーのチームがいる、これがまた一つ理想のオーダーが
いくつかに収束するもう根拠になると思うと同時に、強豪である以外ワールドもなにも接点がないだろう2チームが
まったく同じオーダーを組む偶然に驚くばかり…なのは元記事で伝えたとおりです。


コメントを頂いたオーナーの名誉のためというわけではありませんが、まったく同じオーダーでありながらその上に配置する
4つのチームカラーはかなり毛色の違う、しかしながら合理的な組み合わせになっています。
(スキルの貼り方も選んだチームカラーを見越したものになっていることは最前線を離れてかなり立つ自分でも
容易に想像がつきますし、そこで膝を打つわけです)
その独創性と強さを両立できるところが、ただ真っ直ぐ強いチームを作るだけの自分から見るとうらやましいといいますか、
活動中直接伝えることこそありませんでしたが敬愛するオーナーであったことをこの場を借りて申し上げる次第です。



・まさに理論通りといえる「いわば最強チーム」をやっつけにこのワールドに乗り込みましょうよ!

これは…現実的に難しいです。
まず現状でオーナーが立ち向かえる環境をいまだ取り戻していないというのが一つ、
もう一つは程なくして大型アップデートがきて選手の能力も大きく入れ替わり、各オーナーが勝つために、
または自分の満足を満たすためにまた新環境に適応していく、そういう流れがほぼ間違いからです。
自分が最強を目指すためにやっつけに行くとしたら「明日の、未来の最強チーム」ということになると思います。
その前に「新しい環境に慣れる」ということになるでしょうね。だってレア小坂も大道も村松も志田もいないんだよね?(苦笑)



・別に強いチームを目指さなくても好きな選手や個性的な選手を生かす遊び方をされてはいかがですか?

あとがきの最後に改めて書くかもしれませんが、今はプレミアで強豪チームの情報を漁ったその延長で
無課金の単独チームでのんびり遊んでいるところです。
選手と課金の限りを尽くしたオーナーが選手をめくりっこするところまで戻って遊ぶのは
( http://ameblo.jp/hyaluronic-acid/entry-10761378513.html のQ.6参照)
新鮮というか、どちらかというと気楽さを満喫しているところです。
これなら1日くらいログインできなくてもゲームになりますし、1日でボロクソに負けても仕方ないよね、と精神的に深い傷も負わないので…
(プレミアでこれが出たら憤死ものというような1日が、今のチームでは3~4日に1回は起こります)

好きな選手、好きなチームといいますと自分はノンポリシーといいますか、逆にこのゲームを通して選手を知ったり
そこから注目し始めて魅力がわかったなんて選手もいますので、プロ野球を楽しむもう一つの車輪としてこのゲームは
いい教材だったりやっぱり面白い、または手放せないと思います。
ただ、いつかもっと勝ちたいなんて欲が頭をもたげてくるかもしれません。それが一線を越えたとき、勝利に邁進する
チーム匿名希望(チーム名は違うかもしれません)がまたどこかのワールドに現れるのかもしれません。

なお、茶化したり評価を低く語った選手が特定チームに偏ったのは完全に偶然です。むしろほとんどのコスト域で
一握りの選手以外はそうされても仕方ないレベルであるというのが現実でして、このあたりは誤解なきよう
くれぐれもよろしくお願いします。また、誤解するオーナーでもないことを信じております。

        2011-05-03       プレミアその時、野手オーダー決定編(番外編:理論通りのチームは実在した!)

メインチームの活動をやめてから、ロビンソンをいったん離れ、現在プレミア開催中のワールドにチームを遊び半分に作り、
そこで各地の強豪と目されるチームの情報を見て楽しんでいたのですが、そこでびっくりするチーム、というか
野手オーダーに出会いました。あまりに衝撃的だったので急遽画像に撮り記事にしました。


2011-0503-084516.png

これ、自分が机上の理論で作ったチームそのまんまじゃないですか!
チームカラーは黄金ローテ、技巧派、精密、クリーンヒットの4つで、
郭泰源のスキルはブートキャンプ、伝家の宝刀、七色の変化球、変形軟投派
(変化を+12する王道の一つですね、自分だって郭泰源を引くまで伝家の宝刀を大事に持ってたのに…)
田中賢介と城島が守備Sになるようにしている以外は全員スキル全開放、振り子広角フラミンゴスラッガーでした。


自分の想定したオーダーと違うのは所持するレジェンドの違い、スキル型N字の選手の採用
(情報を参照したこちらのチームは無料会員なので打順までは分かりませんが、おそらく田中賢介が1番で、
サブローを9番にして繋がりを接着してあるのではないかと思います)
あとは外野の守備位置くらいですね(後半使えるコストが増えれば自分も最初の構想から一塁を高コスト打者に変え
稲葉を本職の外野に置くので、全員適性Aならこれはあまりに些細な違い)
ペナントも終盤に入り、使えるコストも開幕から増えているので野手はこれでほぼベストオーダーだと考えられます。


自分がちょっと覗いただけでしかないまったく接点のないチームが、各々別々に勝つために考えた結果
同じ結論に向かっている、今まで多少ながら記事に積み重ねた理論は間違いではないと確信に変わる1ショットでした。
本当びっくりで慌てて記事にした次第です。

古い記事  | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。